So-net無料ブログ作成
検索選択

「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多−政府答弁書(時事通信)

 政府は23日午前の閣議で、正規職員の部下が一人も存在しない係長や主任などの職制の国家公務員が、全府省庁合わせて2万6634人いるとする答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に対し答えた。自衛官を除く全公務員の約8.8%に相当し、定員削減などで組織がゆがんでいる実態が浮き彫りになった。
 省庁別では、地方の出先機関を多く抱える国土交通省が最多で8347人に上る。また農水省(6924人)、厚労省(3057人)、国家公安委員会(1773人)、経産省(1597人)、防衛省(1030人)が1000人以上となった。 

【関連ニュース
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
労政審委員、官僚OB排除へ=長妻厚労相

介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
ライターで髪燃やす…いじめが発覚、鷲宮高野球部が春季県大会出場辞退(産経新聞)
次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連(医療介護CBニュース)
3人目の殺人立件は断念=捜査本部解散へ−鳥取連続不審死(時事通信)
宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。